ミステリー一覧

映画『淵に立つ』感想や考察~強制的に淵に立たされた時に映るもの~

深田晃司監督、映画『淵に立つ』の感想、レビューです。2016年公開。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門、審査員賞受賞作品。上映時間119分。ネタバレしてはいけない作品だと思っております。きついシーンがありますが、凄い映画が産み出されました。

映画『アルゴ』感想や考察~実話であることのザワザワ感は何!?~

ベン・アフレック監督、映画『アルゴ』(ARGO)の感想、レビューです。2012年公開。アカデミー賞作品賞をはじめ、ゴールデングローブ賞など世界中で数々の賞を獲得した名作です。当時、実話であることが1人歩きし、物議を醸し出しましたが、エンターテインメントとしてとても面白い作品です。

映画『ダウト~あるカトリック学校で~』感想や考察~正義が辿る先~

ジョン・パトリック・シャンリー監督、映画『ダウト~あるカトリック学校で~』のあらすじ、感想、考察です。アメリカ、2008年公開。日本、2009年公開。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞等受賞。上映時間104分。映画史に残っていくであろう名作をどうぞご覧下さい。

映画『マーサ、あるいはマーシー・メイ』感想や考察~洗脳の脅威~

ショーン・ダーキン監督、映画『マーサ、あるいはマーシー・メイ』のあらすじ、感想、考察です。アメリカでは2011年公開、日本では2013年に公開。上映時間102分。ネタバレあり。世界中にセンセーションを巻き起こしした問題作です。衝撃のラストシーンについても書きました。

映画『Wの悲劇』感想や考察~カルマに翻弄された女優の生き様~

澤井信一郎監督、映画『Wの悲劇』のあらすじ、感想、考察です。1984年公開。上映時間108分。後半少しネタバレしています。当時様々な映画賞を総なめにしました。薬師丸ひろ子、世良公則、三田佳子演じるメインキャストの三者三様の人生について考察しました。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)