2018年02月14日一覧

映画『セーラー服と機関銃』感想や考察~星泉、薬師丸ひろ子の慈悲~

相米慎二監督、映画『セーラー服と機関銃』のあらすじ、感想、考察です。赤川次郎原作。1981年公開。上映時間119分。当時リアル女子高生だった薬師丸ひろ子が菩薩のような星泉を演じてます。あの「カ・イ・カ・ン」以外にもたくさんの名シーンがあります。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)