映画『嫌われ松子の一生』感想や考察~嫌われ松子でも幸せな一生!?


こんにちわ、すずらんです。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます!
今日は映画『嫌われ松子の一生』感想考察です。

松子の一生を、あなたは、不幸だと思いますか?可哀そうだと思いますか?それとも・・・?

映画『嫌われ松子の一生』

(英題『Memories of Matsuko』)

映画『嫌われ松子の一生』予告編はコチラ♪

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

映画『嫌われ松子の一生』あらすじ

53才で殺害死体として発見された川尻松子(中谷美紀)の半生を、甥の笙(瑛太)がたどっていく。 福岡で生まれ、病弱な妹の久美(市川実日子)と育った少女時代を経て、松子は中学の教師となった。しかし、教え子の龍(伊勢谷友介)が起こした窃盗を庇ったことで退職、その後は実らぬ恋愛を繰り返しながら堕落していく。ようやく得た新たな仕事は、中州にある特殊浴場のサービス嬢だった。一念発起した松子は、努力と研究を重ねて店のトップへのぼりつめる。しかし、風俗業界の変化の波に追われて、雄琴の店へと移る。そこで同棲していた男の浮気を知った松子は、逆上して殺害してしまう。逃亡して上京した松子は理髪店を営む島津(荒川良々)と出会い、彼の優しさに触れて同棲を始める。ようやく得たささやかな幸福もつかの間、殺人事件を捜査していた警察に逮捕される松子。それから8年間の服役生活を支えたのは、島津へのひたむきな愛だった。刑期を終えた松子は島津の店へ向かうが、すでに彼は家庭を築いていた。落胆した松子を支えるのは、刑務所内で同じ囚人仲間だった沢村めぐみ(黒沢あすか)との友情だった。ストリッパーからAV女優となっためぐみは、夫を得てたくましく生きていた。そして松子が、いまではヤクザとなった教え子の龍と再会する。お互いにすがる相手のいない二人は激しく求めあうが、その関係も龍の逮捕によって断ち切れた。ひとりアパートに閉じこもるようになった松子は、アイドルの追っかけだけを楽しみに生きる。無残に肥満化した松子は、公園で不良中学生たちから撲殺されるが、死体から離れた松子の魂は故郷へと向かって飛翔する。そんな松子の人生は不幸だけではなかったのだろうと、甥の笙は安堵した。

(Movie Walkerより引用)

映画『嫌われ松子の一生』基本情報・キャスト・スタッフ

ジャンル:ミュージカル、ドラマ
製作国:日本
監督:中島哲也
原作:山田宗樹『嫌われ松子の一生』
脚本:中島哲也
音楽:ガブリエル・ロベルト
公開:2006年

上映時間:130分
PG-12指定作品

映画『嫌われ松子の一生』出演者

今思うと、すごい人数のそうそうたる俳優さんが出演されているのですね!長くて恐縮です!感想をはやくご覧になりたい方は一気にスクロールしちゃって下さいね 😉

川尻松子:中谷美紀
川尻笙:瑛太
龍洋一:伊勢谷友介
川尻紀子:香川照之
川尻久美:市川実日子
沢村めぐみ:黒沢あすか
川尻恒造:柄本明
超人気シンガー:木村カエラ
スカウトされた女の子:蒼井そら
明日香:柴咲コウ
片平なぎさ本人役:片平なぎさ
本田博太郎本人役:本田博太郎
田中要次本人役:田中要次
川尻松子の子供時代:奥ノ矢佳奈
大倉修二:ゴリ
めぐみのボディガード・リーダー:榊英雄
刑事:マギー
教頭:竹山隆範
佐伯俊二:谷原章介
売店の男:甲本雅裕
川尻多恵:キムラ緑子
校長:角野卓造
アイドル歌手:阿井莉沙
八女川徹也:宮藤官九郎
マネージャー・赤木:谷中敦
岡野健夫:劇団ひとり
岡野の妻:大久保佳代子
綾乃:ボニー・ピンク
起夫の妻:濱田マリ
小野寺:武田真治
婦警:木野花
島津賢治:荒川良々
刑事A:渡辺哲
刑事B:山本浩司
女囚C:土屋アンナ
女囚A:AI
女囚B:山下容莉枝
女囚D:山田花子
係官:あき竹城
牧師:嶋田久作
ひかり荘一階の住人:木下ほうか
etc

映画『嫌われ松子の一生』受賞

第30回日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞:中谷美紀、受賞
優秀監督賞:中島哲也、受賞

第61回毎日映画コンクール
主演女優賞:中谷美紀、受賞

第80回キネマ旬報ベスト・テン
主演女優賞:中谷美紀、受賞

第31回報知映画賞
主演女優賞:中谷美紀、受賞

他多数受賞、ノミネート。

映画『嫌われ松子の一生』感想・考察

公開当時、映画館にて鑑賞!そして10年経った今、久々に鑑賞しました!
公開時は、当時付き合っていた人と見に行ったのですが、私は松子の人生があまりにも可哀そうで涙し、なんとその横で元彼は笑っていたという・・・
なんで笑っていたのか意味が分からなかったし、笑うなんてありえない!となんとも複雑な思い出がありまして・・・ 😳
でも年月が経って見返した今、何故あの時元彼は笑っていたのか、何故私は涙していたのか分かった気がします。
まあ・・・私のことはさておき 😳 考察していきますね 😛

嫌われマツコはなぜ嫌われる人生を選んだのか

以前、映画『甘い人生』感想や考察~甘くない人生で得た3つの教訓~

のブログで「選択が人生を決める」という考察をしたことがあります。
松子はまさに!人生の選択を誤りまくった、破滅の選択をし続けた人生と言えるのではないでしょうか。
映画『嫌われ松子の一生』のあらすじをご覧いただくと、ちょっとウっとなってしまいますよね・・・。
盗難事件の責任を取らされ教師の職を奪われたり。DVの男と同棲したり、そのDV男が自殺したり。ヒモを養うためにソープ嬢としてのしあがっていったり、ヒモの裏切りに逆上しヒモを殺害してしまったり、松子の人生を台無しにした張本人である教え子と付き合ってしまったり・・・
「ええー!まじかー!」と突っ込みたくなる程の不幸の選択の数々。

でも、なんでわざわざ敢えて自分から破滅する選択をしていたんだろう?何度も何度も繰り返し・・・。
そして、なんでここまでの不幸を、際限なく引き寄せてしまったのだろう?

一見すると真面目で、まっとな道を歩んでもよさそうな女性なのに、何故?

幼少の頃の、心の傷に全てが起因しているんだと思います。何もかも全て。

松子が幼少の頃、妹は体が弱く病気がちであった。その為、松子の父親は妹ばかりを可愛がったんですね。それも極端に。なんの罪の意識もなく。
この時の「お父さんから愛されなかった。」という、とてつもなく深い心の傷が、
「誰かに愛されたい」「誰かに愛されている実感が欲しい」という、とてつもなく強い潜在的な欲求に変化していったのだと思います。
その欲求を満たす為だけに、松子は生きているようなものだと思います。ただその為だけに生きている。
松子の心は、たとえ大人になってもおばさんになっても、ずっと幼少時代に置いてけぼりになったまま。
この欲求が剥き出しになって、不幸の選択をし、不幸を引き寄せていたのでしょう。

「誰かに愛されたい」欲求を満たすが故に、ダメ男ばかり選んだんです。
「ダメ男であれば、自分がその人の為にできることがいっぱいある!自分がその人の役に立てる!自分がその人の助けになれる!自分がその人の人生を救える!」
それってつまりは松子の中においては、「そうすれば自分はもっともっと愛される!相手から愛されている実感がもっともっと持てる!自分がもっともっと愛で満たされる!自分が孤独から抜け出ることができる!」

ということと、ガッチリとイコールで結びついていたんですね。無意識に。
この思考のループで、一生を生ききった人間なのだと思います。

「もっともっと自分の仕事を評価されたい」
「もっともっと夫(妻)に褒められたい」
「もっともっと彼氏(彼女)に愛されたい」
「もっともっと相手に自分の全てを受け入れて欲しい」
「もっともっと相手に愛されたい」
分相応以上のものを、「もっともっと!」って求める人って結構たくさんいますし、時折そんな人の一面を見てしまったり「ウワー・・・」って思ってしまったり、
でも、自分にも思い当たることがあったりします。

この根底にある幼少の心の傷を、分かりやす過ぎるくらい、とてつもなくはっきりと示した映画。
隠すことなく余すことなく、ここまで大胆に描いたことは素晴らしいと思うんですよね。共感する人もたくさんいると思います。

私が最もせつないなーって思ったのが、松子の変顔
父親の気持ちを、自分自身に向かせるために、松子は変顔をするんですよね。
「なんとかしてどうにかして自分は愛されたいんだ!」っていう気持ちがすごい伝わってきて、痛々しくってちょっと見てられないところもありました。
そして、この変顔をしてしまうクセが大人になっても抜けず、なにかあるごとに変顔をしてしまう。
松子にとっての変顔は、自分の孤独を守る為の盾でもあり、自分が愛される為の彼女なりの精一杯の方法だったのです。

同情して涙するなんて、なんて薄っぺらい私!?

これだけ松子の人生を「不幸不幸不幸不幸ー!」と書いてしまいましたが、果たして彼女の人生は本当に不幸であったのだろうか。

ちょっと視点を変えてみつつ、冷静に考えてみました。
これってものすごく人間的で人間味に溢れていない・・・?
これってものすごく自分自身の本能に忠実じゃない・・・?
これってものすごく自分に素直に生きていない・・・?
これって彼女の全力投球じゃない・・・?もしかしたら・・・?
彼女の人生を肯定するわけではありませんが、ある意味幸せな人生であったのかもしれないなと、一方で思う自分がいます。
だって「愛されたい」なんて想いは誰しも持ってるし、みんなどこかで両親との葛藤は持っていると思うし。
でもそこから転落しないように、松子よりもうちょっと賢く、もうちょっと器用に、もうちょっと合理的に、もうちょっと理性を使って、もうちょっと学習しながら、
人生の選択をして生きている人って多いと思います。似たような葛藤を抱えながらも。

そんな器用さを持ち合わせていなかった松子は、ある意味不幸ではありますが、そんな彼女の全力の人生は、ある意味幸せなんじゃないかなとも思うんです。

※以下ラストネタバレします。

だから、彼女が死んで、天に召される時のラストシーン。
妹の「おかえり」という言葉。

父親への愛を求めすぎるが故の転落人生。
そして・・・妹をどこかでずっと恨んでいたことに対する罪悪感。

全て含めて「あなたはこの人生でよかったんだよ。」と言っているかのようなラストシーン。
だから私は、この映画のタイトルを、『嫌われ松子の幸せな一生』と名付けたい!

似合わない役でのぼりつめた中谷美紀

映画『嫌われ松子の一生』で主演をつとめた中谷美紀。
日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞をはじめ、毎日映画コンクール、キネマ旬報ベスト・テン、報知映画賞、アジアフィルムアワード・・・数々の賞を総なめにしました。

個人的には、この松子のキャラクラーは中谷美紀には似合わないって思います。
彼女の女優としてのイメージって、知的で、論理的に考えてそうで、冷静で、ミステリアスで・・・人生を踏み外したり、バカ(言葉悪くてすみません!)なところってあんまりなさそうな感じで。(実際はどうかは分かりませんが 😎 )

そんなイメージを持つ彼女が、ここまで松子のキャラクターに徹し、演じ上げていったことは本当にすごいと思います。
中島監督にしごかれまくった壮絶な現場での話は有名ですが、何よりも、彼女が自分自身の魂をどこまでも松子に捧げた証なのだと思います。

常に素晴らし演技で私達を魅了してくれる女優さんですが、また彼女の真骨頂を見たいです!

映画『嫌われ松子の一生』まとめ

10年経って映画『嫌われ松子の一生』を見返した今。何故元彼が笑っていたのか分かった気がします。
松子の人生の中にある種の幸せを見出して、彼女を可愛らしいとも思い、彼女の不器用な爽やかさに笑っていたのかなって思います。

まだ映画『嫌われ松子の一生』を見ていない方には、勿論お勧めしますし、
時を経て、再度この作品をご覧になることもお勧めします。自分自身が感じることも、成長と共に大きく変化しているかもしれません。

それでは、今宵は、この辺で・・・ 🙂

ブログランキング

ブログランキング参加中です。応援していただけると励みになります♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする