舞台『レ・ミゼラブル』感想や考察~本田美奈子の魂の叫び~

舞台『レ・ミゼラブル』

今回は舞台版の考察と日本語訳の個人的な突っ込みの記事です。

映画の感想についてはコチラをご覧下さい。

舞台『レ・ミゼラブル』

(原題『Les Miserables』)

日本の舞台版『レ・ミゼラブル』の舞台映像ダイジェストはコチラ♪

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

舞台『レ・ミゼラブル』感想・考察

この前、ブログ、

『レ・ミゼラブル』~ミュージカル嫌いの食わず嫌いなあなたへ。おじさんも愛に号泣!?~

にて、この映画の愛のテーマについて深く考察したり、お気に入りのシーンについて書きました。

さて今回は!レミゼラブル第2弾と致しまして、『レ・ミゼラブル』の舞台版のこと、

そして、気になって仕方ない日本語訳について、考察していきたいと思います。

映画版『レ・ミゼラブル』のあらすじやキャスト、スタッフなどの情報は、コチラをご覧下さい。

舞台版について

本田美奈子の魂の叫び

2005年、白血病で、わずか38歳でこの世を去った、歌手・女優の本田美奈子。

確か、20年近く前の話にはなりますが、私は、彼女の『レ・ミゼラブル』の舞台を観たとがあります。

その日、当日券で入ろうと劇場に向かったところ、突然知らない女性の方に、「友達が急に来れなくなっちゃって、よかったら1番前なんですけど一緒に観劇しませんか?」

と誘われて、幸運なことに!目の前で!本田美奈子の演技を観ました。

彼女はエポニーヌという役を演じていました。

マリウスに恋心を抱くも、叶わず、それでもなおマリウスの為に精一杯生き抜いて、最後は亡くなってしまう。

彼女は自分の全てを捧げるように、この役を生きていました。

劇中で彼女は、「オン・マイ・オウン(On My Own)」という歌を歌います。

絶対に叶うことのない彼への思い。

「それでも私はあなたを感じていたい!それでもあなたのそばにいたい!」とエポニーヌは歌います。

実際に間近でみる彼女は、想像していた以上に華奢な女優さんでした。

その今でも折れてしまいそうな体から、信じられないくらいのパワーを出すんです。

まるで生きることに飢えているかのような、魂の叫び。

こういう言い方は語弊があるのかもしれませんが、私の目には、命をかけた演技に映りました。

あの瞬間の彼女の演技は、20年経った今でも目に焼き付いています。

彼女のエポニーヌの映像って残っていないのかな~?

一生忘れない舞台です。ありがとう 🙂

あなたの魂は、今のミュージカル界にきっと受け継がれているはずです。

日本語訳について

夢は破れていない!

以前にお勧めシーンとして紹介した、

アン・ハサウェイ演じるファンテーヌが歌う「I dream a dream」

実はこの題名の日本語訳が、「夢やぶれて」なんです。

もちろん、娼婦に身を落とした場面で歌う歌ですので、そこでの心の状態は、悲しみや苦しみや絶望の状態ではあるとは思うんです。

しかし、このどん底から発せられる怒りや叫びの歌だと、私は思ってます。

アン・ハサウェイは絶望と最後の最後まで戦いながら歌っています。

だから、「夢やぶれて」というタイトルだと、

なんだかもう負けてしまっている状態というか、弱々しい印象を抱いてしまうんですよね。

個人的には、そんな日本語訳が似合うような歌ではないと思います。

日本の舞台版『レ・ミゼラブル』2017年公演プロモーション映像はコチラ♪
http://www.youtube.com/watch?v=bruIGNZoD-0

舞台『レ・ミゼラブル』まとめ

今回は変化球バージョンで、好き勝手考察してしまい、おまけのようなブログになってしまいましたが 😳

『レ・ミゼラブル』~ミュージカル嫌いの食わず嫌いなあなたへ。おじさんも愛に号泣!?~

とあわせて楽しんでいただけたら幸いです。

それでは、今宵は、この辺で・・・ 🙂

ブログランキング

ブログランキング参加中です。応援していただけると励みになります♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする