ドラマ『ごめん、愛してる』第8話、感想や考察~生きたい!魂の叫び

TBS系「日曜劇場」テレビドラマ『ごめん、愛してる』第8話のあらすじ、感想、考察です。嫉妬に狂う、坂口健太郎演じる日向サトルの気味の悪さ、岡崎律演じる長瀬智也の大胆で繊細な演技について考察しました。各々の内面が露わになった、ドラマティックな第8話です。

映画『ディパーテッド』感想や考察~リメイクは娯楽作品へ!?~

マーティン・スコセッシ監督、映画『ディパーテッド』のあらすじ、感想、考察です。2006年アメリカ公開。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞受賞。上映時間152分。香港映画『インファナル・アフェア』のリメイクですが娯楽寄りの一風変わった映画です。

ドラマ『ごめん、愛してる』第5話、感想や考察~人間関係に深入る~

TBS系「日曜劇場」テレビドラマ『ごめん、愛してる』第5話のあらすじ、感想、考察です。昼ドラ感が増してきた第2章。各々の登場人物の関係性が深く、複雑になってきました。思わず泣いてしまった台詞や塔子のバックボーンなどについても書きました。

映画『潜水服は蝶の夢を見る』感想や考察~実話が伝えるもの~

ジュリアン・シュナーベル監督、映画『潜水服は蝶の夢を見る』のあらすじ、感想、考察です。カンヌ映画祭で監督賞を受賞。上映時間112分。ジャン=ドミニック・ボービーの人生を、実話に沿って淡々と描いた作品です。障害者への考え方や、生きる意味についても考察しました。

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)