ドラマ『カルテット』最終回、感想や考察~4人の勇気よ飛んでいけ~

こんにちわ、すずらんです。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます :-)?

今日はドラマ『カルテット』最終回感想考察です。

衝撃の嘘の数々に騙され、翻弄されながらも、登場人物を愛さずにはいられない!

泣くつもりのない涙を流していたのは私だけでしょうか?

ドラマ『カルテット』最終回

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

ドラマ『カルテット』あらすじ

ドラマ『カルテット』最終話

罪を償うため、出頭した真紀。

バラバラになってしまった、カルテットドーナツホール。

それから一年後、彼らはそれぞれ別の道を歩んでいた。

(カルテット公式サイトより引用)

ドラマ『カルテット』基本情報・キャスト・スタッフ

ジャンル:ドラマ
放送国:日本
制作局:TBS
脚本:坂元裕二
演出:土井裕泰(最終回担当)、金子文紀、坪井敏雄

ドラマ『カルテット』最終回出演者

巻真紀(早乙女真紀)(山本あきこ):松たか子

世吹すずめ:満島ひかり

家盛諭高:高橋一生

別府司:松田龍平

巻幹生:宮藤官九郎

来杉有朱:吉岡里帆

谷村大二郎・・・富澤たけし

谷村多可美・・・矢木亜希子

半田温志・・・Mammy-D

墨田新太郎:藤原季節

巻鏡子:もたいまさこ

etc

ドラマ『カルテット』最終回の感想・考察

お見事なのは脚本だけではないゾ!?

ドラマ『カルテット』の脚本。声に出して「お見事!」っと唸ってしまうそうな、坂元裕二の見事な台詞の数々は勿論のことですが、

このオシャレなんだかダサイんだか、ニクイ数々の言葉を、まるでアドリブのように(実際はアドリブは一切ないらしい!すごい!)、まるで人様のプライベートを覗き見してしている感覚に騙されちゃうくらいあざとくなく、説教くさくなく、嫌味なく、みじめったらしくもなく

松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平の4人が、

淡々と、非常に淡々と・・・操るんですよね。

淡々と成していくって最強です!
生き方としても、会話としても、戦い方としても。

4人の素晴らしい演技に、

本気でまいった!「ははー!!!」ってなりました。

そして、これらの台詞と俳優を見事に操った演出がまたナウいです。

「泣きそうになってもう嗚咽するー!」のこの絶妙のタイミングで、

毎回といっていいほど「笑いで壊す!」(おネエキャラ?の家盛さんが破壊担当です)。

この瞬間が爽快で本当に気持ちいい!
なんだか「お前自己陶酔すんなよー!」って、TVの前の私を見透かされているみたいで・・・。

勝ち組も負け組もないじゃん!

ドラマ『カルテット』は競争社会のいすとりゲームに負けたと、世間からは後ろ指をさされちゃうような人達の人生の話ですが・・・

なんだかこの人達の人生はとっても幸せそう。
なんだか澄み切った目をしちゃって生きているのだ。

負けた人じゃないと味わえない幸せや、暖かさが、TV画面からバンバン!こっちに!飛んでくるんですよね!

「世の中に勝ち組も負け組もないじゃん!」

って体現している。

最終回に黒田大輔さんが出てるー!

ドラマ『カルテット』の最終回、ほんのワンシーンですが黒田大輔さんという俳優さんが出演されてます。コロッケデートの雑誌と名刺を渡して、取材しようとしていた、ライター役の一重まぶたの俳優さんです。

知っている方は少ないかもしれません。
ですが、魂をえぐられてしまうくらい暖かい演技のできる、個人的に大好きな役者さんです。

ちなみに、2015年に話題になりました、橋口亮輔監督の映画『恋人たち』で、
黒田大輔役で 🙂 黒田大輔さんが出演しているのですが、
メインキャストじゃないのに、この映画の全てを背負っているくらい、1人ダントツに深い演技をしています。

気になっちゃったこと。おろおろしたのは私だけ?

ドラマ『カルテット』最終回では真紀さんのマンションを見つけた、すずめちゃんと家盛さんと別府さんの3人が、マンションの近くで演奏をして、真紀さんに気付いてもらおうとする、感動的なシーンがあるのですが、

真紀さん、なんと部屋に鍵をかけずに外へ出ていってしまうんですよね!
その直前に嫌がらせのドンドンドン!ってノックがあったにも関わらず。

「きゃー!真紀さん鍵かけないと危ないよー!さっきの人入ってきちゃうよー!」
って焦って叫んだのは私だけでしょうか? 🙂

でも、その後の3人との再会のシーンは涙ものでしたね。

ドラマ『カルテット』最終回まとめ

いつだって、どんなときだって、
頑張り過ぎることもなく、
無理矢理でもなく、
前を向いて生きる4人に、
ありえない位の勇気をもらいました。たとえ誰か1人が後ろ向きの時でも、
他の3人がからっとジョークを交えて、
一瞬にしてくるっと向きをかえちゃう、
素晴らしい関係性。そんなにたくましくもない4人が出会って、
でも、でこぼこの凹凸の痛みが分かるこそ、
お互い受け入れあったから、
いつの間にか、クッソ強い4人になったのですね。

それでは、今宵は、この辺で・・・ 🙂

「4人の勇気よ勇気よ飛んでいけー!!!」

ブログランキング

ブログランキング参加中です。応援していただけると励みになります♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする