映画『ゆれる』感想や考察~恵まれた人間の悲しみと再生~

こんにちわ、すずらんです。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます 🙂

今日は映画『ゆれる』第2弾の感想考察です。

現代社会を颯爽と生きる人間が、無意識に失ってしまう大切なもの。

その悲しみと虚しさに気付いた時、本当の人生が始まる。

なお、映画『ゆれる』の第1弾の記事につきましては、

映画『ゆれる』感想や考察~「いい人」の開放と再生~

をご覧下さい。

映画『ゆれる』

映画『ゆれる』予告編はコ

スポンサーリンク
投稿本文(h2)

映画『ゆれる』感想・考察

見終わっても、不気味なくらいに淡々と心を突き刺し続ける、映画『ゆれる』。

ズバリ!西川美和監督の最高傑作。

この前はブログ、

映画『ゆれる』感想や考察~「いい人」の開放と再生~

にて、香川照之演じる早川稔の人生を中心に考察をしました。

さて今回は!映画『ゆれる』第2弾!と致しまして、

早川稔の弟である、オダギリジョー演じる早川猛について考察していきたいと思います。

映画『ゆれる』のあらすじやキャスト、スタッフなど‥

作品についての基本情報につきましては、

映画『ゆれる』感想や考察~「いい人」の開放と再生~

をご覧下さい。

弟、早川猛の恵まれた人間の悲劇

それぞれに、あまりにも違い過ぎるものを持ち合わせて、この世に生まれてきてしまった兄と弟。

兄に比べ、恵まれた容姿で持って生まれ育ってきてしまった、弟の早川猛。

更に仕事もできちゃう、器用、そこそこ頭もいい、要領もいい、そしてモテる・・・。

兄が自分に抱く強烈な劣等感や、親との葛藤は見て見ぬふりをする、早川猛。

自分の生きたいように、自由に、そして苦しいものは上手に避けつつ、楽な方へ楽な方へと進んできた人間なのだと思います。

でも、それを否定することってできないですよね。

だって”不快→快”に向かうおうとするのって人間の本能だし、自分の得意分野や長所があったらそれらを頼りにして、そっちへと行きがちなのは当然のことだと思うし。

人間ってそういう生き物だと思います。

でもそのことが、本当に大切なものを見失わせ、気付かないまま人生を歩ませてしまう

悲しくも・・・。

たとえば、留置場にいる兄の早川稔との面会のシーン。

兄をなんとかなだめ、話しをしようとする弟の早川猛。

猛本人は精一杯なのかもしれません。でも、本当の本当のところで兄を向かい合えてない。どこかで、ごまかしごまかし会話をしている。人と真正面から向かいあえない。もしかしたらそのことにすら本人は気付けていない!?

きっとそうやって、今までずっと、ごまかしごまかし人と付き合ってきて、うまいこと生きてこれちゃった人間。

映画『ゆれる』での早川猛を見ていると、その悲しさや虚しさが痛い程伝わってきます。

現代社会において、

「めんどくさい」

って言葉。よく飛び交いませんか?

正直、私も使ってしまいます。

「この事めんどくさい。」「この人めんどくさい。」

こうやってめんどくさいめんどくさいって言うことで、逃げてきたもの失ってきたもの結構あるのかもしれない。

いつも時間に追われながら都会に生きる人なんか、ハッとするかもしれません。

実は私、映画『ゆれる』を初めて見た時は、兄の早川稔に共感することが多かったんです。

観客も早川稔への共感の方が多いんじゃないかなーと思ったりもして。

でも、今現代の生きにくい世の中で、なんとか上手く渡っていく術を、否応なしに身にまとってしまった私達。

弟の早川猛から学ぶものは多いのかもしれません。

映画『ゆれる』後半の名シーン2連発はこれ!

まず、早川猛が幼い頃のフィルムを見るシーン

幼い頃の兄と弟が一緒に吊り橋を渡っているフィルム。

兄は本当は高い所が怖かった、だから智恵子にしがみついてしまったということが分かる、衝撃のシーン。

あのフィルムを見た瞬間、自分にとっての兄とはなんであったのか。兄の本当に自分がどれだけ気付けていなかったのか。本当に大切なものは何か。

体中で分かる瞬間。映画『ゆれる』の名シーンです。

そして、ラストシーン。

本当に大切なものを取り戻そうと

刑期を終えてバスに乗り込む瞬間の兄に、声を張り上げる早川猛。

「にいちゃん一緒に暮らそう」

これが、早川猛の本当の偽りのない言葉です。

映画『ゆれる』は恵まれた人間が歩む、悲劇性を伝えたかったのかもしれません。

気付いたら偽物だらけに囲まれ、偽物の人生を歩んでしまっていた。

そして、本当に大切なものに気付いた時は、その大切なものは失っていて、もう手遅れ。取り返しがつかない。

「にいちゃん一緒に暮らそう」

映画『ゆれる』の忘れられないシーンです。

映画『ゆれる』まとめ

最も大切なものを失った、弟の早川猛。ここから彼の本当の人生は始まるのだと思います。

苦しみをもって再生し、各々が本当の自分の人生を歩み始めた、早川稔と早川猛。

2人が寄り添いながら一緒に生きることは、もう二度とないのかもしれません。でもどこか見えない所で、ずっと繋がっている2人なのだと思います。

今回は弟の早川猛を中心に考察しました。

兄の早川稔を中心に考察した、

映画『ゆれる』感想や考察~「いい人」の開放と再生~

とあわせて楽しんでいただけたら幸いです。

それでは、今宵は、この辺で・・・ 🙂

ブログランキング

ブログランキング参加中です。応援していただけると励みになります♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
投稿本文(h2)
投稿本文(h2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする